ヨガの魅力とは呼吸法!若さを維持(アンチエイジング)する効果への期待ポイント!

ヨガの呼吸法で身体の内側から磨く

ヨガでアンチエージング?

何歳になっても女性は女性である!キレイでありたい!

健康で年齢を重ねてゆける事は、何よりの幸せだと思います。

若返りたいだなんて、是卓いってはいけない。
とも、思います。

でも、美しくありたいという気持ちは、女性なら何歳になっても持ち続けているものだと思うのです。

84歳になる私の母の口癖は、私は、こんな目じゃなかった。

「くっきり二重だったのに…この目だけでも整形したい!」

と、母からこの言葉を聞いた時、耳を疑いました。

私、こんな母に育てられた・・・と、なんだか不思議な気持ちになったのですが、とどのつまり、いくつになっても、女性は女性なのだ。という事です。

自分が20代の頃は、50才の方を見ると、見た目も心も50才であって当たり前だと思っていたのですが、実際、自分が年を重ねていって、見た目や身体が老いていっても、心は、身体に伴って老いていくものじゃない事に気づいたのです。

年齢に伴った言動を心掛けているだけで、根本的な考え方は、なんら変わっていません。

だからこそ、少しでも、若い姿でありたいと思うのではないでしょうか?

ヨガは身体の内側から健康と美容を磨く効果がある?

どうしても、鏡の中の顔だけを見て、老けたとか、たるんできたとか思いがちですが、人間の皮膚って、全部繋がっているから、お顔だけに、せっせと高級美容液を使ってもだめなのですよね。

大切なポイントとしては身体の内側にあるのです。

で内側から美しくという言葉をよく聞くと思うのですが、まさにヨガは、その言葉通りで、ハードな動きをしなくても、呼吸を意識しながら、一つのポーズに取り組んでいるだけで(正しい動きであることが大切です)汗が流れ出てきます。

すると、基礎代謝がよくなり、老廃物が外にでてくれて、皮膚細胞が活性化され、美しい肌を手にいれることができるという、かなりの好循環な訳です。

皮膚と肺の繋がっている!ヨガへの取り組みで思い出す!

今回この記事を書くために、色々と調べあさっていた時に、このフレーズを何度となく目にしたので、熟読してみましたが、まだ医学が発達していない頃の方達の、残されたものには、深い意味があるのだなとつくづく感じました。

肺の機能としては、簡単に説明すると、大気を取り込み、体内外へ拡散する役割をもっています。

もし、肺の機能が落ちてしまうと、体の、防衛機能と発汗に影響を及ぼし、つまり、正しい呼吸ができなくなると、数々の変調をきたして、その過剰反応が皮膚に表れてくるそうです。

このような事を知ると、いかにヨガで行われている呼吸法が大切なのかが理解できます。

呼吸を意識するだけで、健康な若さを手にいれられるなら、努力を惜しんではいけませんよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする