ヨガの呼吸法が自律神経(交感神経&副交感神経)を整えるのに効果的な理由とは?

ヨガと自律神経について考える外国人女性

ヨガと自立神経・・・実は関係があることをご存じでしょうか?

ではどのような関係があるのでしょう?

そもそも自律神経って何なの?

50才目前になってから、よく口にするようになったこの言葉。

だけど、自律神経を説明してみてと言われると、何と言えばよいのやら・・・ということで、調べてみました。

自律神経とは自分の意思とは関係なく働く神経?

まず、人の身体には自分の意思で動く体性神経と自分の意思とは、関係なく働く自立神経があり、その自律神経には、二つあって、交感神経と副交感神経といいます。

この二つが交互に働くことで、心と体のバランスが保てるのですが、例えば、ストレスなどが溜まってしまうと、交感神経が活発になり、バランスを崩してしまうのです。

そうすると、これまで、動かしていた、内臓や、血液や体温、血圧などの調節がきかなくなってしまうのです。

そうなった時に、起きるのが、めまいや、倦怠感、頭が重いなど、様々な症状に襲われるという訳です。

ストレスや疲れが蓄積・・・立ちくらみ?違うの?

2年前に私も、経験したのですが、ソファでうたた寝をしていて、起き上がろうとした瞬間、地震が起きたのかと思うほど、「ぐわーん」と音をたてて、周囲が回った事を覚えています。

立ちくらみと違う所は、目を閉じても、回り続けていました。

横になっていても、ちょっと頭を動かしただけで、グルングル回るので、船酔いしているみたいに、食事もとれなかったですし、妊娠中のつわりを思い出してしまいました。

それからは、疲れが溜まると、同じような症状に襲われ、今回色々調べた結果を知って、やっと当時の症状が納得できました。

自立神経に唯一働きかけてくれるヨガの呼吸法

ヨガには、沢山の呼吸法があり、その呼吸法に合わせて、ポーズをとるのですが、その呼吸が、自律神経を整え、心身ともに、リラックスした状態にかえてくれるそうなのです。

ヨガには自律神経を整える効果もある?

一般的に日常生活で自分自身の呼吸することって殆ど意識しないですよね?

でもヨガの時は相当呼吸を意識します。

というかしなければならない?嫌でもしてしまう?

・・・とにかくヨガに慣れないうちは特に(呼吸を意識します)です。

意識しながら呼吸することで、交感神経と副交感神経のバランスを整えることが可能なのだそうです。

それに加え血流もよくなるので、尚、副交感神経が活発化してくれるのだそう。

今回、疲れを溜め込んでしまい、また目眩を起こしてしまい、滞った血流を流してもらおうと、行きつけの鍼灸院の先生を訪ねて、しっかりほぐしてもらったはずだったのに、一向に回復がみられませんでした。

頭も心もスッキリ!モヤモヤがなくなった!

でも、今日、重たい身体を引きずり、ヨガにいってきたのですが、一時間、レッスンを受けると、頭の中も、心もすっきりしたのです。

一週間ぶりに、頭の中のモヤモヤが消えて、快晴になった時には、本当にうれしく、これからも、長く続けようと心に誓いました。

本当にヨガおすすめですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする